あんしん未来のための「お金の基礎知識」が学べます
学んで行動する貴女を応援するサイト!

〒540-0012 大阪市中央区谷町3-1-25-802
 

自分年金のススメ

詳細
2016年5月24日、確定拠出年金の大改正法案が可決成立しましたね。
自分年金時代到来や・・・感慨深いバーバラでございます。

2001年10月にスタートした確定拠出年金、
当時は多くの中小企業が利用していた適格退職年金の廃止というニュースのほうがインパクト大きく、
確定拠出年金制度は、まだその受け皿の一つに過ぎないと考えられておりました。

なぜなら、
確定給付が当たり前でしたから、
果たして受取額が不確定であるしくみが、退職金や企業年金制度の替わりとして根付くのかどうか
そして何より、加入者自身が運用指図できるのだろうか
という疑問があったからでした。




続き
 平成27年GW前のこと、ある事業所から社会保険の適用を依頼されました。

 法人であれば事業主一人であっても社会保険の加入が義務付けられていますが、
その意識は低い上、報酬に応じて算出される保険料は、売り上げの多寡にかかわらず容赦なく指定口座から毎月引き落とされますので、加入を躊躇している事業所もあります。
この事業所の場合は、自分ひとりだから加入することもないと判断していたということで、年金事務所から出頭するように命じた書類が届き相談に来られたというわけです。


 加入するのは、事業主であるAさんのみ。Aさんには奥様がおられ、非常勤の役員で報酬は月額7万円。もちろん、国民年金の第3号被保険者としての手続きもしましたが、気になったのが、奥様の年金加入歴。
 Aさんと結婚後は、国民年金に加入してこなかったとのこと。
続き
私が社会保険労務士事務所を開業したのは、1985年6月のことでした。
ちょうど国会で、超高齢社会到来を見据えた公的年金制度の抜本的に大改革案が審議されていた頃のことで、
翌1986年4月1日より新しい年金制度が施行されました。
(その時の改正で国民年金が全国民共通の基礎年金になりました。)

あれから、ちょうど30年の月日が経過いたしました。
年金制度は、どのように変わったのでしょうか。
続き
「年金100年安心プラン」
・・・まだ皆様の記憶に新しいことだと思います。
この時(平成16年)の改正は、それまでにない画期的なものでした。

保険料を引き上げて給付水準を維持してきた改正ではなく、
保険料の上限を決めて固定し、
年金給付は、収入(保険料+税金等)の範囲内で受給者が分け合う形にしたからです。
言い換えれば、
収入が増え分け合う人が減れば、確実に年金額は増えますが、
収入が減り分け合う人が増える場合は、年金額は減るというスタイルへの転換でした。

続き

「毎月、いくらあれば生活できますか??」

当塾で、最も多いご質問です。

これには固定した正解があるわけではありません。
こたえは、「あなたしだい」。
個々人の生活力や生活スタイル等から試算するものだからです。

もちろん、世間一般ではどうなのか・・・を知る資料はあります。
続き

第6期(平成27〜29年度)第1号被保険者の介護保険料料(加重平均)は月額5,514円

年金生活者65歳以上が生涯負担し続けなければならないのが、医療保険と介護保険の保険料です。

厚生労働省が4月28日に発表した第6期の介護保険の保険料(加重平均)によると、月額5,514円で11%の増加になりました。
続き
◆医療保険も厳しい運営が続きますなぁ・・・

政府は3月3日の閣議で、医療保険制度改革関連法案を決定しました。
そして、法案を今の国会に提出し、早期に成立させたいとしています。

主な内容は、以下です。

続き

平成27年度から、「マクロ経済スライド」による年金額調整が始まることは先のブログでお伝えしたとおりです。
その結果、基礎年金は0.9%引き上げとなります。
続き
厚生労働省が、1月30日、平成27年度の年金受取額を発表。抑制策を実施し、0.9%増となります。
皆さまもご存知のように、年金額は、物価や賃金の変動のあわせて改定されるしくみです。

原則は・・・
1)年金をすでに受給されている方の改定・・・「物価改定率」
2)新規に年金を受給される方の改定・・・・・「賃金改定率(名目手取り賃金変動率)」
ただし、
物価・賃金改定率がともにプラスで、かつ物価改定利率が賃金改定率を上回っているときは、
賃金改定率(つまり低い方)に合わせて改定することとしています。
続き
平成25年の簡易生命表が、7月31日に公表されました。
日本にいる日本人の平均寿命は男80.21年、女86.61年となりました。
特に男性は、はじめて80年を超えて人生80年時代を迎えました!

「簡易生命表」によると、年金を受け取れる年齢「65歳」まで生きる人の割合は、なんと男88.0%、女93.9%!
これは、男女とも高い確率で65歳まで生存することを意味しています。
そして、65歳時の平均余命(男19.08年、女23.97年)からは、平均の年金受給期間を見当することもできるのです。

「今さら、それがどうした!!?」

続き

塾長プロフィール

年金ソムリエ:バーバラ石津とは?

塾長プロフィール

小学校教諭は3年でリタイア。社会保険労務士も資格を取得して30年になりますが、途中でセミナー講師をしたり、投資信託の会社に勤務したりで、仕事は「この道一筋!」だったわけではありません。

ただ、20代で年金制度を勉強した時から変わることのない人生のテーマがありました。

それは若年寄みたいですが、「公的年金+自分年金⇒ハッピー・リタイアメント」でした。

 

未来は、「今」の積み重ねで築かれていくものです。

しかも、その時に自分を支えてくれるのは、自分なのです。

だからこそ、「今」をどう過ごしているのかが重要です。

 

ワイワイ集って切磋琢磨して、「今」を「明るい未来への一歩」にしませんか。 

そして、みんなで一緒にハッピー・リタイアメントできたら最高やね〜!

続き